LINEギフト

スタバのLINEギフト1000円の使い方は?フードチケット300円のおすすめメニューも紹介

スタバ LINEギフト 1000円 フードチケット 300円
Pocket

LINEギフトは気軽に簡単に送る事ができ、もらった方もとても嬉しいギフトですね。

スタバのLINEギフトには500円、700円、1000円、1500円があります。

私が誰かにプレゼントする場合は1000円のLINEギフトをよく使います。

もらった場合、スタバのLINEギフト1000円をどのように使うといいのでしょうか?

セットのフードチケット300円分の使い方とお勧めメニューについても紹介します。

スタバのLINEギフト1000円の使い方は?フードチケット300円のおすすめメニューも紹介と題してお届けします。

 

スタバのLINEギフト1000円の使い方は?

 

スタバのLINEギフト1000円のドリンクとフードについて

スタバのLINEギフトの1000円分は、まとめて合計1000円のチケットではありません。

ドリンクチケットが700円分とフードチケットが300円分ですが、2つのチケットはバラバラに使用するチケットになっています。

かわいいメッセージカードもついているので、とても嬉しいですね。

写真に載っているドリンクやフードと交換するのではありません。

自分の好きなドリンクとフードを選んで購入することができます。

 

ドリンクチケットとフードチケットは同時に使う?

ドリンク700円とフード300円が一緒になったチケットですが、一緒に使う必要はありません。

それぞれでバーコードが出るようになっています。

ある日はドリンクだけ、ある日はフードだけとバラバラにも使う事ができますので、それぞれ単体でもらったのと同じです。

 

金額より安かったらおつりもらえる?

スタバのLINEギフトのドリンクチケットは700円分を送ってくれているのですが、700円より安い金額のドリンクを購入したとしてもおつりはもらえません。

フードのほうも同じで、300円よりも低安い金額のものを購入してもおつりはもらえません。

せっかくならギリギリ700円や300円に近い商品を購入したいですね。

 

金額より高くなったら追加料金

もしドリンク700円とフード300円を超えてしまったらどうなるでしょうか?

それぞれ超えた分だけを支払う事になります。

ドリンクが730円になったら30円分だけ、フードが320円なら20円分だけを追加で支払えば、高い商品でも購入することができます。

 

合計1000円でもドリンクとフードはバラバラで精算

たとえばドリンクが720円でフードが280円で合計が1000円だとしても、ドリンクチケットは20円の不足となり20円が追加料金となります。

フードチケットは300円に届いていませんが、20円分はおつりもなく、そのままになります。

 

間違いやすいポイント(ドリンクチケット)

ドリンクチケットは1杯分のチケットです。

ドリップコーヒーで最も量の少ないShortは350円で、2杯購入すると700円でちょうどですが、ドリンクチケットはあくまでドリンク1杯分なので、2杯目の350円は別途料金が必要になります。

合計で1000円を目指すのではなく、それぞれ700円と300円を目指して購入するのがお得です。

 

スタバのドリンクの料金

ドリンクチケットの700円をどう使うか?と思った時に、スタバをあまり利用しない人にとってはちょっとハードルが高めです。

スタバで普通にコーヒーやティを飲むだけなら500円程度で、とても700円には届かなのでもったいないです。

普通のドリップコーヒーなら、一番量の多いVentiを選んでも480円にしかなりません。

ドリップコーヒーの料金

  • Short ¥350
  • Tall ¥390
  • Grande ¥435
  • Venti ¥480

 

抹茶ティーラテでも一番量の多いVentiでも585円となっています。

  • Short ¥455
  • Tall ¥495
  • Grande ¥540
  • Venti ¥585

 

普通のダーク モカ チップ クリーム フラペチーノでは量の多いVentiでも655円となっています。

  • Short ¥525
  • Tall ¥565
  • Grande ¥610
  • Venti® ¥655

 

送ってくれている人は700円を支払っているので、もったいないですね。

そこで季節のおすすめのフラペチーノを選ぶと700円に近い商品を選ぶ事ができます。

桃MOREフラペチーノ(7月12日~8月2日)

  • Tall ¥690(Tallのみの販売)

 

普通のドリンクを購入する場合は、せめてなるべく量の多いタイプを選びましょう。

スタバ のドリンクメニュー一覧

 

お得に使う方法

ドリンクで700円を使うのはなかなか難しいのですが、フラペチーノを購入しさらにカスタマイズするという方法があります。

スタバのフラペチーノは、有料のカスタマイズを足して、自分だけのフラペチーノにすることができます。

シロップを追加する、クリームを追加する、牛乳を豆乳に変更する、チョコチップを追加する、シトラス果肉を追加するなどのカスタマイズで700円を使い切る方法があります。

あまり利用しない方は、店員さんにおすすめのカスタマイズを追加して、700円に近づけてくださいとお願いするのがお勧めです。

 

期限

チケットの有効期限は、相手が購入した日、つまりLINEギフトが届いた日から4ヶ月後の月末までとなります。

LINEギフトの中に期限が記載されているので、お早めに利用してください。

過ぎると使う事はできません。

 

メッセージカード付

小さいギフトでも、相手からのメッセージもついていて、あったかい感じになるので、もらうととても嬉しいですね。

 

スタバのLINEギフトでフードチケット300円のおすすめメニューも紹介

スタバのフードメニュー

スタバのフードメニューはわりと充実しています。

サンドイッチやカンパーニュなど、ご飯系として食べれるものから、ケーキやグラノーラなどのデザート系もあります。

ランチでもおやつでもどんな場面でもフードチケットは活用できそうです。

スタバは大人気で、座席も混んでいる事が多いので、持ち帰ってゆっくりと食べることもできます。

この機会にスタバのフードメニューを見て、何を食べようかなと検討するのも楽しいですね。

スタバのフードメニュー一覧

 

300円フードチケットでお勧めのフードメニュー

フードメニューは、他店と比べてとてもリーズナブルだと思います。

300円のフードチケットで購入できるものもたくさんありますし、少しの追い金で購入できるものもあります。

 

スタバのフードメニュー人気ランキング

アメリカンスコーン チョコレートチャンク 260円

シナモンロール 320円

ニューヨークチーズケーキ 420円

サラダラップ根菜チキン 380円

チョコレートチャンククッキー 200円

石窯フィローネ ハム&マリボーチーズ 420円

ベーコンとほうれん草のキッシュ 380円

 

間違いやすいポイント(フードチケット)

300円のフードチケットは1品で300円までです。

チョコレートチャンククッキー 200円を2枚購入して合計が400円となった場合、追加料金は100円ではなく、チョコレートチャンククッキー1枚分の200円となります。

間違いやすいので気をつけてください。

 

新商品

 

クリームパイ ブルーベリー&ココアが新発売されました。

ちょっとグロテスクな外見ですが、サクサクのパイとブルーベリーのクリームで、ちょうと300円です。

おいしいと評判なので、この機会に試してみるのもいいですね。

 

スタバLINEギフト ドリンクとフードの組み合わせ例

みなさんどんな組み合わせて頼んでいるでしょうか?

参考にしてみてください。

まとめ

スタバのLINEギフト1000円の使い方は?フードチケット300円のおすすめメニューも紹介と題してお届けしてきました。

ちょっとしたプレゼントはキリのいい1000円分を送りたいと思っています。

もらう方もフードもついていた方がゆっくりできるのではないかと思います。

スタバのLINEギフト1000円をもらった時の使いかたを紹介しました。

ドリンクチケットは700円で1杯分、フードチケットは300円で1品分を、それぞれバラバラに使うチケットです。

300円のチケットを使うフードメニューは充実していますが、その中でもおいしいお勧めを紹介しました。