「本サイトのコンテンツには、商品プロモーションが含まれています。」

恋愛リアリティーショー

櫛田創の大学と高校はどこ?経歴と年収も紹介

櫛田創の大学と高校はどこ?経歴と年収も紹介
Pocket

バチェロレッテ3に出演する、物理学者の櫛田創(くしだそう)さんが、バチェロレッテの武井亜樹さんととてもお似合いだと話題になっています。

紹介動画では、教壇に立っている姿がありましたが、櫛田創さんはどこの大学に勤務されているのでしょうか?

勤務先の大学がどこか知りたいですよね。

出身大学や、出身高校も気になりますし、これまでの経現在の現在の年収も気になるところです。

櫛田創さんを調べると研究者として登録されていて、すばらしい実績があることがわかりましたので経歴を紹介します。

櫛田創の大学と高校はどこ?経歴と年収も紹介と題してお届けします。

 

櫛田創の大学と高校はどこ?

 

物理学者というとても難しそうなお仕事をされている櫛田創(くしだそう)さんですが、とても優しそうで、穏やかそうで、とても印象がいいです。

現在どこにお勤めなのでしょうか?

勤務先や出身大学と高校について紹介します。

 

櫛田創(くしだそう)プロフィール

生年月日:不明ですが1992年生まれだと思います

年齢:32歳

出身地:香川県

職業:物理学者

研究内容:光と有機分子の相互作用について

応募理由:次のライフステージは結婚だと思うので、相手を見つけたい

恋愛傾向:モテていないがたまにハマってくれて笑ってくれる人がいたが、賛否が分かれやすい人間かも

意気込み:意外性や多面性を出せると魅力が伝わるとうれしい。

 

櫛田創の勤務先の大学はどこ?

現在の勤務先の大学は筑波大学です。

山本・山岸研究室で助教をされています。

大学の教員一覧に櫛田創(くしだそう)さんが出ています。

筑波大学研究室メンバーHP

紹介画像の授業風景は筑波大学で撮影されたものだと思います。

 

櫛田創の出身大学はどこ?

現在の勤務先は筑波大学ですが、出身大学はどこだったのか調べました。

櫛田創(くしだそう)さんが昔運用していたフェイスブックがあり、出身校は筑波大学と記載されていました。

出身大学も筑波大学で間違いないと思います。

筑波大学の 物理学類の偏差値は57.5でした。

筑波大学は偏差値的には入りやすい大学ですが、内容が素晴しいため卒業時の満足度が非情に高い大学です。

研究内容に引かれて入学する強者が多い大学です。

筑波大学を卒業後は筑波大学の大学院に進学されたようです。

 

櫛田創の出身高校はどこ?

櫛田創(くしだそう)さんのFBに出身高校は都立西高校と記載されていました。

都立西高校は偏差値73で、日比谷高校、国立高校とともに「都立御三家」と呼ばれるほどの優秀な高校です。

出身は香川県ですが、5歳くらいまでは香川県にいたようですが、いつから東京に住んでいるのかの情報はありませんでした。

都立西高校とはとても頭のいい方で、ハイスペック男子ですよね。

 

櫛田創の経歴と年収も紹介

櫛田創さんの経歴と年収を紹介します。

経歴を調べていると、研究者としてだけではなく、サッカー選手としての経歴もすばらしいものがありました。

まさにハイスペ男子でした。

 

櫛田創の研究者の経歴がすごい

櫛田創さんの研究内容は一般人には理解できない研究テーマでした。

  • 超分子エレクトロニクス
  • キラリティ
  • 超分子化学
  • 超速度分光
  • 光物質強結合

櫛田創さんは大学卒業時に教員免許を取得していました。

中学と高校の理科の教員免許を持っています。

大学院に在籍中に賞を受賞しました。

2016年1月

Rising Young Star Award CEM Supra2016

櫛田創さんは筑波大学の大学院に在籍しながらにドイツの大学に留学しています。

2016年10月~2020年3月までドイツのハイデルベルグ大学有機化学科博士課程に在籍しています。

2020年3月にハイデルベルグ大学で博士号の学位を取得しています。

ドイツのハイデルベルク大学は日本でいえば東大のような大学ですって・・・すごいですね。

 

櫛田創さんは英語の他にドイツもペラペラですね!すばらしいです

 

2020年の4月~2023年4月までは筑波大学数理物質系学振特別研究員SPDとして勤務しています。

特別研究員ということで、また賞を受賞しました。

2020年9月

応用物理学会講演奨励賞

また留学していますすから、応用物理学会から奨学金が出たのかもしれませんね。

2020年9月~2022年12月まで、フランスのストラスブール大学超分子研究所外部研究員として在学しています。

 

櫛田創さんは英語とドイツの他にフランス語もペラペラなのかな?すごない?

現在は筑波大学で助教という立場で研究しながら生徒への指導をしていると思います。

今後はフランスに拠点を移すという話もありそうです。

留学をしていたフランスの大学から声がかかったものと思います。

 

櫛田創のサッカー選手の経歴がすごい

櫛田創さんはただの研究者ではありませんでした。

なんとサッカー選手をしていたことがありました。

文武両道の極みですよね。

都立西高校時代はサッカー部で多分キャプテンとして活躍していたようです。

筑波大学でもサッカー部でDFのポジションでした。

早稲田大学とのリレーの試合をしています。

第4走者のアンカーの16番が櫛田創さんです。

筑波大学といえば三苫選手ですが、櫛田創さんとは5歳年齢が違うので被ってはいないようです。

さらにドイツのハイデルベルク大学に留学して研究をしながら、サッカー選手だったというから驚きです。

 

州ごとで行っているランデスリーグではありますが、 ASC ノイエンハイムというチームだったようです。

プロサッカーチームですよ・・・凄すぎます。

 

櫛田創の年収はいくら?

櫛田創(くしだそう)さんの年収はいくらなのでしょうか?

研究者は大変なわりには年収が低いんですよね。

筑波大学の助教の年収は650万と言われています。

他の大学へ非常勤講師などで呼ばれることもあり、その分が追加になり800万円程度だそうです。

もし企業とタイアップした研究をすると、そちらからも給料がもらえる可能性があり、さらに講演会などに呼ばれて、講演をするとその分の収入が加わります。

自分の研究した内容が商品化されると、特許申請をしてそこから収入を得たり、売れるごとに収入が入る事もあります。

ただ櫛田創(くしだそう)さんの場合は、直接商品化になる部門ではなく、基礎研究部門なので難しそうではありますね。

賞金のある研究に応募して、論文が認められると賞金とし数百万などもらえることもあります。

企業に比べると、研究内容のわりには年収が低めの傾向がありますね。

そのあたりは武井亜樹さんもご存知だと思います。

今後大学内で出世して、教授にまでなると1200万くらいの年収になると思います。

教授クラスになると講演会などでの発表の機会も多く、さらに上乗せされると思います。

 

まとめ

櫛田創の大学と高校はどこ?経歴と年収も紹介と題してお届けしてきました。

櫛田創(くしだそう)さんの大学は筑波大学出身で高校は東京都立西高校の出身でした。

筑波大学の大学院の在籍中に、ドイツのハイデルベルグ大学院を卒業され、そこで博士号を取得しています。

研究者としての経歴とサッカー選手としての経歴を紹介しました。

文武両道の極みのような方でした。

現在の年収はそれほど高くはありませんが、今後出世によりどんどん年収が上がると思いました。