エンタメ

99.9 映画ネタバレ犯人は誰?見どころとSNSでの評価は?

99.9 MOVIE 映画 ネタバレ 犯人 誰
Pocket

2021年12月30日から99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIEが上映開始されました。

あのドラマがついに映画化ですね。

予告編で流れる「弁護士 深山 最大の危機とは?」「深山ついに敗れる」「勝つ見込みはゼロですよ」「佐田も最大の危機」「最も切ない事実」というのは何なの?今度はダメだったの?ととても気になりますよね。

公開日に見たので、ネタバレ犯人は誰?について紹介します。

見どころとSNSでの評価についても調査しました。

松本潤主演で、今回は杉咲花がヒロイン、香川照之との掛け合いもパワーアップしています。

刑事裁判の有罪率は99.9%、残された0.1%の事実に挑むため、難事件に取り組んでいく映画です。

99.9 THE MOVIE ネタバレ犯人は誰?見どころとSNSでの評価は?と題してお届けします。

 

99.9 THE MOVIE ネタバレ犯人は誰?

 

過去2回テレビの連続ドラマとして放送されていますので、ドラマとの違いについて紹介します。

今回はSPドラマと映画がセットになっています。

公開前日にはSPドラマが放送されましたが、映画はSPドラマの続きから始まるので、できればSPを見てから映画を見た方がわかりやすいです。

 

SPドラマ 新たなヒロインのキャラは?

 

杉咲花さんが演じる、ヒロインの河野穂乃果(こうのほのか)は、正義感の強い、新人弁護士です。

漫画が大好きな漫画女子で、「ロボット弁護士B」にはまっていて、たびたびその中の主人公になりきって、同じポーズをして「ビシッ!」と台詞を言います。

自動車会社の若月会長の孫で、超お嬢様の設定で、おじいちゃんのコネで就職し、深山弁護士の弟子になります。

おじいちゃんは民事の担当弁護士になってもらいたいと希望しています。

このキャラ設定がSPを見ていないとちょっとついて行けないかも・・・という心配があります。

杉咲花さんの、このキャラが最高で、すっかり自分のものにしていて、映画を最高に盛り上げていると思います。

 

穂乃果と明石さんの対立

今回は深山のパートナーは穂乃果の方なので、明石さんと穂乃果がライバル同士という位置づけになっています。

その対立も楽しいです。

 

佐田さんのキャラは

以前からと同じく、利益追求弁護士で偉い人の利益を優先しますが、今回は岸部一徳さんが演じていた、斑目弁護士事務所の責任者を引き継いでいて、マネージングパートナーに出世しています。

将来的には佐田弁護士事務所と名前が変わることを狙っています。

ご家族は以前のマンションではなくて、海の見える、プールのある大豪邸に引っ越しをしていました。

 

SPドラマからの繋がり

 

SPドラマでは別の事件を取り扱っていて、相手方の南雲弁護士(西島秀俊)が、検察側と接触をして、裏で糸を引いているような行動が見えて、何かがおかしいという印象をつけて終了しています。

南雲弁護士の娘エリ(蒔田彩珠)が、実の子供ではない事、ピアノを習っているというところまではわかっています。

 

今回の事件とは

15年前のワイナリーで起きた殺人事件です。

村の祭りの最中に何者かが、樽のワインに毒物を入れられ、ワインを飲んだ人が次々倒れました。

村の住人の山本(渋川清彦)が逮捕され、獄中死を遂げていますが、冤罪疑惑があり、0.1%の事実のために、深山らは現場に向かいます。

 

今回の事件の問題点

  • SPで最大の敵であった南雲弁護士が、今回の事件の弁護士として以前担当していた
  • 裁判官は今まで何度も戦ってきた因縁の川上裁判官(鶴瓶)
  • なぜ南雲弁護士は、検察側についたり、裏で糸を操るような怪しい行動を取るのか?
  • 南雲弁護士は殺人犯である山本の娘エリを引き取って育てていた
  • 南雲弁護士の娘エリは、自分が殺人犯の娘だと知り、傷つき、周りからもひどい誹謗中傷にあう
  • 犯人にたどりつきそうな時に罠を仕込んでくる元検事(奥田瑛二)がいる

 

本当の犯人は誰?

 

深山は0.1%の事実にたどり着きました。

それは多少意外な人物ではありましたが、設定や配役などをちょっと考えればわかることでもありました。

今から思うと「なるほど~そうなるか・・・」と思うくらいの想定の範囲内かもしれません。

途中でジャブもありましたし・・・。

 

本当の犯人は誰?ネタバレ注意!

 

ワインの中に毒を入れた犯人は、村に住む2人の子供でした。

15年前の事件当時は子供でしたが、現在は大きくなった重盛守(道枝駿佑)です。

守には全く記憶がないようでしたが、もう1人の子供は、上京するときに、守に「犯人は別の人だと思う・・・」とだけ伝えていたので、自分がやってしまった記憶があるのだと思います。

悪気があったわけではなく、ワインがおいしくなる薬だと親に教えられていたので、毒物を持ってきて、親切心でワインに入れたのです。

その薬品が入ったワインを飲んだ人が次々倒れました。

子供が物置を出入りしていたこと、毒物の空き瓶が落ちていたことから、村の人達は、子供達が犯人だとわかりました。

その時山本さん夫婦は、倒れた人を搬送していて不在でした。

山本さんは新参者ながらワインの大会での優勝者でもあり、村の人達の中では、山本さんを犯人にでっち上げるという気持ちが暗黙の了解で芽生えてしまったようです。

村の人達は、子供達をかばうため、全員でワイン樽をすり替え、グラスのワインを取り替え、毒物を山本さんしか持っていない物に取り替えるために家に取りに行っっています。

山本さんを犯人にでっち上げるために、全員でグルになり、山本さんがすべての罪をかぶるように罠をかけたのでした。

事実を知った守は、自分が知りたかった事件の犯人は自分だった事、皆が自分をかばうために、何もしていない山本さんを犯人にでっち上げていた事に大きなショックを受けました。

南雲弁護士は、「心労のあまり山本さんの奥さんが亡くなり、山本さんも獄中で亡くなり、娘は殺人犯の娘として、今までどれほど辛い思いをしてきたか。何もしていないのに苦しむ人達の事を考えたことがあるのか?」と、村の人に叫びました。

佐田さんが真実は曲げることができないと訴えます。

 

結末

 

今回の事件では、村人達が協力をして、毒薬を入れた子供をかばい、山本さんを犯人にでっち上げるために、皆が仕込んだ罠だった事に深山は気づくことができませんでした。

事実になかなかたどり着けず、村人の1人を犯人だと疑い、危うく深山が冤罪を犯すところでした。

再現は2度行われ、ようやくわかった事実は、本人にとっても、村人達にとっても、最も切ない結末だったのです。

事実で人を幸せにできるとは限らない。

事実を暴いてよかったのか、知らない方がいい事実もあるのでは?など、深く考えさせられる作品でもありました。

 

99.9 THE MOVIE 見どころとSNSでの評価は?

 

出演者からのお勧め点

  • ドラマとは違って、単発の映画ならではのドラマチック感や急展開やつながりなどがあり、目が離せません。
  • 出演者が楽しく演技をしているので、見ている人も楽しくなるはず。
  • ワクワクの循環だったので伝わるはず。
  • リーガル映画なので、ピリッとしていて、辛い事実がわかった時には、ドライでカラッとしている姿を目指しているので、感じてもらえたら嬉しいです。

 

撮影秘話

撮影方法が独特で、台本はあってないようなもので、スタッフも出演者も皆で考えて台詞を作っているそうです。

馬場園さんが、「親戚の集まったような温かさがあり、みんなの台詞は自分の台詞、みんなの台詞をみんなで考えるという方法をしていて、ワイワイガチャガチャ意見を言い合いながら撮影している」と言っていました。

今回初めて参加した、蒔田彩珠さんは、台詞を覚えていっても変更になると言っていました。

撮影中にもアドリブをどんどん出してきて、その場の空気感でどんどん作品が作られているようです。

休憩時間はほぼなくて、常にみんなで考えていて、撮影中も回りでは気にせず話し続けていて、台詞のある人は、その中で声を張って撮影する必要があり、それがまた楽しかったそうです。

 

見どころ

今回の映画は見どころがたくさんあります。

 

親父ギャグ

なんといってもパワーアップされた親父ギャグでしょう。

連発がすごくて、深山と佐田の掛け合いや、佐田の親父ギャグの無視されるのも面白かったです。

 

小料理屋の「いとこんち」

美術さんのこだわりがつまっていて、いろいろな細工がしているそうです。

注目メニューの一番上の列を横に読むと言葉になっていたり、歴史上の出来事を入れ込んだメニューになっていたり、アフロの髪型のこけしがあったり、シンガーソングライターのCDのジャケットもとても凝っているようで、いろいろ探してみるのも楽しそうですね。

ボーっと見ていたら見逃してしまいそうです。

 

佐田さんのマネージングパートナールーム

競馬愛があふれたお部屋で馬グッズにあふれています。

まず佐田さんの席の後ろにある大きな馬の置物はインパクトが大きいです。

馬の置物がたくさんあり、馬の賞レースのペナントも飾ってありますが、その名前もとても凝っています。

愛川賞(あいかわしょう)、咲雷賞(さくらいしょう)、華噴賞(かふんしょう)などが飾ってありとても面白いです。

 

現場で再現の撮影

今回の再現の撮影が大がかりで手間暇をかけて作ったので、本当に大変だったそうです。

こだわりぬいて作った作品なので、見どころが多く、なかなか細かいところまでは目が届かないと思うので、是非何度も見たいですね。

 

杉咲花ちゃんのお洋服は

 

LOVELWSSのお洋服です。

お嬢様役なので、素敵なワンピースにジャケットを着ています。

深山が毎日同じものを着ているので、真似をして同じ洋服を何着も購入したという設定です。

ワンピースではなくて、セパレートです、

法廷の時には紺色のスカートに着替えています。

 

SNSでの評価は?

 

まとめ

 

99.9 THE MOVIE ネタバレは?見どころとSNSでの評価は?についてお届けしてきました。

以前にもましてパワーアップがすごかったです。

99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIEのネタバレと犯人は誰?では、今回は難しい事件でしたが、最後は0.1%の事実にたどり着き犯人がわかりました。

テーマは親子愛だと思います。

南雲親子、重盛親子、深山親子は、大事な子供や家族を守るために生きているというメッセージを感じました。

見どころもたくさんあり、SNSでもおもしろいと評価が高いです。

笑顔になれる、明るく幸せな気持ちにしてくれる映画でしたのでお勧めです。