スポーツ

羽生結弦ジャンプ抜けたのは穴にはまったから!これって言い訳?Twitterの反応を紹介

羽生結弦 ジャンプ 抜けた 穴 はまった 言い訳
Pocket

まさかの出来事が起きました。

固唾をのんで見守っていた最中にそれは起きました。

演技冒頭、羽生結弦のジャンプ抜けてしまいました。

4回転サルコウの予定でしたが、えっ?抜けた・・・パニック

穴にはまった?

Twitterではどんな言葉が飛び交っているでしょうか?

羽生結弦ジャンプ抜けたのは穴にはまったから!これって言い訳?Twitterの反応を紹介を紹介と題してお届けします。

 

羽生結弦ジャンプ抜けたのは穴にはまったから!

 

4回転ジャンプが一つ抜けてしまったので、抜けなかった時と比べて15点ほどスコアが低くなってしまいました。

 

ジャンプが抜けた原因はなに?

いつもは完璧な4回転ジャンプを飛ぶ羽生選手ですが、どうしたのでしょうか?

演技が終わって戻ってきたときに、羽生選手は係のスタッフに「ハマった・・・」と伝えました。

 

穴にはまった

 

リンクに穴があいていて、こそにスケートの刃がハマったということです。

自分が練習の時につけた穴にはまってしまうことは以前にもありましたが、今回は別の選手がつけた穴にハマってひっかかってしまったようです。

不運としか言いようがありません。

羽生結弦のコメント

 

しょうがないなぁって言う感じです。

自分の中でミスはなかったなと思っているので、正直皆さんよりも僕が1番ふわふわしてると思います。

なんかちょっと嫌われたなぁと思ってます。

ほんと直前に最後確認しながら行ったんですけど、自分の穴じゃなくて他の選手の穴が存在して、ちょうど穴にはまっちゃって、飛びには行ってはいるんですけど頭が防衛してしまいました。

正直演技が終わるまでは気持ちが切れてなくてすごく集中して今までのショートの中でも全体的に良い演技だと思っているので、ちょっと気持ちがふわふわしてます。

コンディションはかなり良いなと思ってますし、氷との相性もすごくいいなぁと自分でも思っているので、しっかり練習してやり切りたいです。

リンクに入った時には、不安な要素もなくすごく集中しながらできたなぁと思っていますしその後のミスはどうしようもなかったです。

今考えるとあと1センチずらし飛べばってちょっと考えてしまうんですけれどもでも、やるべき事はやったのでもう切り替えて次頑張ろうと思ってます。

自分がオリンピック出てきて良いこともあって、悪いこともあって、ここまで1位を取れてきたなーって振り返りながら練習していきたいと思います。

今までのことを考えながら練習してきたんですけど、今までの事の中でも1番のミスです。練習はできてたなぁって思いますので、もう怖くないので、はまる事だけはやめてくれって祈りながら滑ります。

ありがとうございま、次頑張ります。

 

ネイサンチェンのコメント

彼のスケートへの思いを知っているので、特にオリンピックという場での今日の滑りは、彼はこれを最高だとは感じていないはず。

しかし、彼が2度のチャンピオンであることには変わりありません。

どんな結果だろうと、彼が史上最も偉大な本物のフィギュアスケートアイコンであることは、これからもずっと変わりません。

将来何があってもこれはずっと変わりません

尊敬しあう姿勢に泣けます・・・王者が王者へ素晴らしいコメントです。

 

Twitterの応援の声

 

穴にはまった・・・これって言い訳?Twitterの反応を紹介

 

熱狂ファンの犯人捜し

羽生選手の6分間練習の前に製氷があり、傷をつけたとしたら、6分間練習で一緒だった6人だけということになります。

羽生選手の熱狂的ファンは、穴を開けたのは誰?と犯人捜しをしました。

そこで犯人とされたのが、ロシアのアンドレイ・モザレフ選手でした。

モザレフ選手のインスタには、批判の書き込みが殺到し、中には殺人予告のものまであったという噂です。

もしそうだったとしても、わざとではないですし、仕方のない不運だったのですが、納得できず怒りの矛先を向けているのでしょうか?

もし本当だとしたら、日本人のファンではないことを願いたいです。

今後同じ組で演技をする選手の6分間練習は、ファンの見る目が恐ろしそうですね。

 

羽生結弦の発言に責任も?

羽生選手は、「自分の穴じゃなくて他の選手の穴が存在して、ちょうど穴にはまっちゃって・・・」と普段はすべて自分の責任で、他の人の責任にはしたことがないのに、今回は、ポロッと言ってしまいました。

いつもなら自分の発言により、ファン達がどうなるかは想像がついたのではないかと思います。

北京五輪で普段とはテンションが違ったからか、よほど悔しかったのか、自分の発言により巻き起こしてしまった出来事を後悔しているかもしれません。

いつもしない言い訳をしてしまった羽生選手・・・

2人とも、明日の演技に影響がないように祈っています。

 

Twitterの声

 

その他の要因も?

いつもは何があっても自分の責任ですと断言する羽生選手ですが、今回は他のスケーターの穴の存在と言ってしまいました。

3連覇のかかった北京五輪。

王者も心の余裕を失っていたのかもしれません。

 

プーさんが偽物

五輪はディズニーの持ち込みができないので、いつものプーさんを持ち込む事ができません。

そこで、今回は黄色と赤のプーさん色のティッシュカバーを持ってきています。

いつものようにプーさんの頭を触るというルーティンができませんでした。

そのため、目には見えない心の動揺があったのでしょうか?

 

オリンピックの魔物にやられた

鋼のメンタルの羽生選手でも、3回目の出場だとしても、オリンピックは特別な舞台ですから緊張します。

どこか心の安定にかけたところに、オリンピックの魔物が忍び寄ったのでしょうか?

穴は魔物の一つといえますね。

 

準備不足

羽生選手が北京入りしたのは、本番の2日前です。

サブリンクで1度、メインリンクで1度しか練習をしていません。

まだ疲れが取れていないのか?準備不足だったのか?とも思ってしまいます。

 

孤高の戦い

 

オーサーコーチは韓国に帯同しています。

羽生選手は指導を受けているといいながらも、リンクに立つことはお断りしているようで、たった1人孤高の戦いに挑んでします。

気持ちの余裕がなかったのでしょうか?

 

まとめ

 

羽生結弦ジャンプ抜けたのは穴にはまったから!これって言い訳?Twitterの反応を紹介と題してお届けしてきました。

羽生選手の4回転サルコーが抜けたのは、スケートが他の選手がつけた穴にはまってしまったからでした。

いつもは言い訳をしない羽生選手がポロッと言ってしまった一言で、ファンは犯人捜し、殺害予告の噂まで飛び出しました。

Twitterではいろんな意見が飛び交っていて、胸が痛い状況です。

4回転サルコーは抜けてしまいましたが、それ以外の演技は完璧でした。

次のフリーでは、十分に休養を取り、準備をして、羽生結弦のプライドをかけた演技を見せてくれると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。