エンタメ

余命10年映画のあらすじは?泣けないし微妙の口コミの理由は?

余命10年 映画 泣ける 泣けない あらすじ 感想
Pocket

映画余命10年は、感動した、泣けるという口コミもありますが、泣けないし微妙という口コミも目立ちます。

急逝した小坂流加による小説の映画化で、自分の実話に基づいて書かれ、亡くなる前に書きあげました。

実際に発売日にはすでに亡くなられていたそうです。

小説の映画化はとても話題になっていました。

余命10年の映画はどんなあらすじで、見た人からはどんな感想がでているでしょうか?

余命10年映画泣ける?泣けない?あらすじと感想を紹介と題してお届けします。

ネタバレになりますので、これから観る方はご注意ください。

 

余命10年映画のあらすじは?

 

あらすじ

映画「余命10年」はどんな病気で、どんな10年間だったのか、あらすじを紹介します。

 

余命宣告

茉莉(まつり)が大学生の20歳の時にある病気が発覚し余命10年と宣告されます。

その病気は「肺動脈性肺高血圧症」という病気です。

茉莉は2年以上入院し、やっと退院できましたが、大学も中退となりました。

入院中に仲良くしていた、同じ病気の人が亡くなり、夫や子供が絶望し、悲しんでいる姿を見て、自分は絶対に恋愛しないと心に決めました。

亡くなった方が、家族との想い出をビデオカメラに収めていて、亡くなる前に、ビデオカメラを譲り受けました。

塩分制限や運動制限の中自由な生活は送れないまま、余命の10年が日々減っていきます。

 

和也との出会い

ある日中学の同窓会に参加して、生きる気力を失っている和也に出会います。

東京組として、和也と茉莉とタケルの3人で会うようになります。

和也は茉莉との会話から、生きる希望を見いだしていき、焼き鳥屋で働きだします。

タケルに茉莉の親友の沙苗を紹介し、2人が付き合うことになったこともあり、4人で遊ぶことが多くなります。

沙苗の紹介で、在宅でもできるライターの仕事で働くようにもなりました。

季節の風景とともに、海や花火大会など楽しい思い出をたくさん作っていきます。

 

付き合わない2人

和也は茉莉に引かれ、好きな気持ち口にしますが、茉莉はその気がない態度で、その想いに答えようとせず、和也は困惑した日々を過ごします。

あるときデート中に喧嘩になり、呼吸困難に陥った茉莉は倒れて、救急車で病院に運ばれます。

その時和也は茉莉の父から、病気の事や余命の事は伝えていませんが、茉莉を受け止めてあげてほしいと頼まれます。

たくさんの葛藤の時間を過ごし、自暴自棄になってしまった茉莉。

焼き鳥屋の店主から自分が大切にしたい人と出会った奇跡に気づかされ、自分を成長させてくれた茉莉を守りたいと言う気持ちが溢れ、茉莉のもとに走り出す和也。

そしてようやく2人は付き合うことになりました。

 

付き合う~別れ

 

しかし付き合ったあとも、病気のことや余命の事は伝えていません。

2人は旅行に行くことになり、そこで和也は茉莉にプロポースをします。

自分の体がもう長くないと悟っている茉莉は、それを受け止める事ができず、朝1人で部屋を出て行きます。

和也が走って茉莉を追いかけ、抱きしめます。

そこではじめて「治らない病気」「幸せになって」と言い、茉莉の気持ちは変わることはなく、お別れすることになります。

家に帰った茉莉は、「もっと生きたい」「普通に結婚したりしたかった」と、お母さんによりかかり、号泣します。

 

別れの後~再会

その後、病気が進行していき、自分の気持ちを小説に書き始めました。

亡くなる寸前まで、自分の気持ちを小説の中で文字として落とし込み、和也に想いを馳せ、これでよかったんだよねと自分に言い聞かせています。

そして思い出の写真を1枚ずつ消去していきます。

和也は自分の店をオープンするまでになり、店の名前を「まつり」と決めました。

オープンの時、タケルと沙苗が店を訪れ、茉莉の書いた小説の原稿を渡されます。

和也はその原稿を読んで、はじめて茉莉が余命10年で、どれだけ自分の事を思っていてくれたのかという事実を知ります。

愛しているからこそ、自分が死ぬのが怖くなる、自分が亡くなった時に和也に悲しませたくないので、あえて突き放していた事を知ります。

病院に駆けつけますが、その時にはすでに、危篤状態になっている茉莉。

最後にやっと会えて、手を握ることができました。

それから和也は1人で、想い出とともに四季を過ごしていくのでしょう。

 

「肺動脈性肺高血圧症」とは

心臓から肺に血液をおくる肺動脈の圧が高くて、心臓から肺に血液がいきにくくなり、呼吸がしにくくなる病気です。

 

キャスト

高林茉莉:小松菜奈

彼:真部和人:坂口健太郎

親友:富田タケル:山田裕貴

親友:藤崎沙苗:奈緒

姉:黒木華

母:原日出子

父:松重豊

医師:田中哲司

焼き鳥屋店主:リリーフランキー

 

余命10年映画 泣けないし微妙の口コミの理由は?

 

余命10年とタイトルを聞けば、10年間の出来事のお涙頂戴で、感動的なシーンが多く泣ける映画を想像すると想います。

実際には、「泣けた~」「号泣した」という方もたくさんいますが、「泣けない」「微妙」「面白くない」という人もいました。

「泣けない理由」、「微妙な理由」について考えてみました。

 

展開が遅い

高林茉莉が余命10年と宣告されたところから物語は始まります。

茉莉は恋愛はしないと心に決めています。

自分が病気である事を伝えず、高林茉莉と真部和也は、親友同士のカップの4人で遊ぶことも多く、楽しい雰囲気にもかかわらず、茉莉はかたくなに和也との交際を拒びます。

何故拒むのかわからない和也は、なぜ俺とつきあってくれないのだろう・・・何故拒むのだろう・・・理由がわからない・・・と悩み続けるます。

思わせぶりな態度も出さない、本当は好きなのに、自分の余命の事を考えつきあえない、茉莉の葛藤がよく分かり、その心情もとてもよく表現されています。

和也と付き合うか?今度こそ付き合うか?と思うたびに、付き合わない現実に疲れます。

話の進展がない時間がいつまで続くのか?長すぎて飽きてしまいがちになります。

さっさと和也に本当の事を話してほしい、めんどくさい女、のイメージを持ってしまいます。

展開が遅すぎて、見ている方がイライラしてしまいます。

 

葛藤の場面が多い

就職試験に落ちたり、姉の結婚式で集まった親戚が、茉莉の余命の事を話していたり、友達から病気の人と付き合わないかと持ちかけられたり、病気のために諦める場面や、嫌な思いをする場面が多くなっています。

診察のたびに、「新しい薬の研究は進んでいる?」「特効薬はまだ?」と、医学の進歩を心待ちにしているのに、毎回いい返事はもらえません。

病気と戦わないのではなく、そもそも薬もなく戦えない状況が続きます。

和也を本当は好きなのに、恋もできない、好きな事もできない、好きなものも食べられない、そんなブレーキのかかった生活の葛藤が多く映し出されます。

モンモンとした日々の葛藤の映像にかなりの時間が費やされています。

小松菜奈の演技はとても上手くて、引き込まれるのですが、葛藤場面が多すぎて、本当に伝えたい事が薄れてくる気がしました。

 

やりきれない気持ち

和也は、急にお別れを告げられた後、亡くなる直前まで、余命の事を知らずに過ごしているので、病気に寄り添うこともなく、力になることもなく、ただ振り回されていただけの印象になっています。

茉莉は余命10年で、たくさんの葛藤の中、恋をしたけれど自分の亡くなることで、彼が辛くなるのを見たくない、彼がいることで、自分が死ぬのが怖くなるので、すべてを諦めます。

これは恋愛のストーリーではなくて、余命10年の葛藤の物語だったのかな~という気持ちが拭えません。

短い時間だったけど、素敵な恋をしたね~というストーリー性は感じません。

最後まで、諦めきれない後悔、病気の悔しさが滲んでいる感じがしました。

RADWIMPSの「うるうびと」の主題曲が流れても、最後は泣けませんでした。

見終わったあとに、モンモンとしたやりきれない思いが立ちこめてしまいました。

 

くさい設定

それにしても、治療の風景が、廊下から除けるようになっていたり、茉莉が荷物をまとめて1人で出て行く姿など、くさい設定感も感じて少し引きました。

余命10年、10年間は新しい薬などはできる予定はなかったの?医学の進歩は考慮されないの?10年後のこと、10年前からわかるの?という何か納得できない感情もありました。

姉が診察室から飛び出して、トイレで泣くシーンなども、ちょっとくさかったです。

 

理想との違い

茉莉と和也が付き合う事を決めた時点で、すべてを話し、一緒に生きる様子を映して欲しかった。

でもこれは事実に基づいていないから、変える事はできません。

和也は、病気でもいい、治らなくてもいい、だけど最後までそばにいたいと無理矢理にでも抱きしめて欲しかった。

でもこれも事実と違うので変える事はできません。

ただ幸せにしてほしかった、もっと強引にしてほしかったという理想を追ってしまいます。

 

それでも泣ける感動シーン

 

・余命10年と言われて、寿命に向かって生きているのがつらいという、葛藤がとても溢れています。

・これまでいろんな制限のなかで、耐えてきた辛い事が、一気に爆発し、ビールをがぶ飲みし、ピザや焼き鳥を頬張るシーンにはとても泣けました。

・余命10年とわかっていて、恋愛をすると死ぬのが怖くなるから恋愛はしない決め、好きな人ができても、それに甘えることなく、心情を貫く姿に泣けました。

・病院の先生に、特効薬がなかなかできない状況で、「私の事実験台にしていいよ。私みたいに苦しむ人を救いたい」と言った姿に泣けました。

・焼き鳥屋の店主の、和也への深い愛や、言葉の重みに泣けました。

・父、母、姉が娘、妹の余命10年に寄り添い、見守って過ごす姿、特に父の葛藤する無言の姿が泣けました。

・10年間の四季の映像と共に変化していき、どんどん日々が過ぎ去り、美しい映像と共に、余命に近づいている事実が感じられて泣けました。

 

小松菜奈のコメント

試写会では、目がデメキンになるほど泣けました。

最後にRADWIMPSの曲がかかると、もうドワーッと涙があふれ出します。

 

Twitterの声

 

まとめ

 

余命10年映画のあらすじは?泣けないし微妙の口コミの理由は?と題してお届けしてきました。

泣けるタイトルではありましたが、泣けないし微妙という口コミはが多くありました。

泣けないのは、想像と違った、もっと幸せになってほしかった、なんか悔しくてモンモンとするという気持ちの現れなのだと思いました。

余命10年間で、好きな人と出会い、いろんな葛藤の中で、楽しい時間を過ごしたけれども最後は別れて、自分だけで死と向き合うことを選びました。

恋をして、生きる意味や希望を見いだした茉莉でしたが、最後は、これでよかったのかはわからないし、悔しい気持ちが拭えない。

そんなあらすじの映画でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。