スポーツ

都道府県対抗女子駅伝2022の優勝候補は?混戦9区勝つのは誰?

都道府県対抗女子駅伝 2022 優勝候補 9位 アンカー
Pocket

2022年1月16日に第40回全国都道府県対抗女子駅伝が京都で開催されました。

1月23日に広島で開催予定だった、男子の都道府県駅伝は中止となり、駅伝開催は女子のみです。

日本のトップ選手が出身県の代表として出場するので、見どころいっぱいで、楽しみにしている方が多いと思います。

11月に行われた東日本駅伝では不破聖衣来の率いる群馬県が優勝しました。

田中希実の率いる兵庫や、前回覇者の京都も優勝候補です。

都道府県対抗女子駅伝2022の優勝候補は?混戦9区アンカー勝つのは誰?と題して、実際の結果をお届けします。

 

都道府県対抗女子駅伝2022の優勝候補は?

 

ルールの紹介

全コースの合計が42.195キロ。

区間距離は、1区6km、2区4km、3区3km(ジュニアB限定=中学2、3年)、4区4km、

5区4.1075km、6区4.0875km、7区4km、8区3km(ジュニアB限定=中学2、3年)、

9区10km。

最低3区間でジュニアA(高校生年代)の選手を起用する。

中学生が2人、高校生が3人以上、一般が最高4人までで走ります。

 

主な出場選手

 

1区 6キロ

 

石川:五島莉乃(資生堂):10000mで日本歴代8位(31分10秒02)

五島莉乃さんがロングスパートの結果、区間賞となりました。

 

兵庫:田中希実(豊田自動車):3000メートル 日本記録 1500メートル東京五輪8位

いつもよりは速いペースでしたら、2位となりました。

 

4区 4キロ

 

群馬:不破聖衣来(拓殖大学):10000メートル日本歴代2位

今回も異次元の走りで、22位で襷を受け取り、どんどん抜いていき、9位で襷を渡したので、13抜きを達成し区間新記録となりました。

登りでもペースが落ちることはありませんでした。

 

宮城:米澤奈々香(仙台育英高校):高校駅伝覇者のエース

区間2位の走りで、トップに立ちました。

不破聖衣来選手と大きく違わないタイムで、素晴らしい走りでした。

宮城県は仙台育英高校が、高校駅伝チャンピオンなので、仙台育英高校の選手が5人入った若いチームになっています。

 

8区 3km(ジュニアB限定=中学2、3年)

 

福岡:川西みち(永犬丸中学)

これまでの区間記録を11秒更新した素晴らしい記録を出しました。

 

混戦9区アンカー勝つのは誰?

結果は1位 京都、2位 福岡、3位 宮城、4位 兵庫、5位 長崎となりました。

主な選手を紹介します。

 

京都:安藤友香(ワコール):東京五輪10000メートル代表

京都は7区、8区の高校生、中学生区間で、逆転しトップに立ち、最後の安藤選手が、その位置を守り抜いて、さらに差をつけて優勝することができました。

1区から8区だけの人だけではなく、サポートに回ってくれる人を含めて皆さんに感謝していました。

 

福岡:木村友香(資生堂):5000メートル 歴代6位

 

宮城:木村梨七(積水化学):クイーンズ駅伝 区間2位

 

兵庫:太田琴菜(日本郵政グループ):大学駅伝3年連続区間賞

 

長崎:廣中璃梨佳(日本郵政グループ):東京五輪10000メートル7位

最終9区の区間賞は廣中璃梨佳さんでした。

廣中璃梨佳さんは、6大会連続区間賞で、2016年が3区、2017年と2018年が4区、2019年と2020年が1区、今回2022年が9区と、どこを走っても速い選手であり、駅伝で負けなしの女王ということがわかりました。

さすがオリンピック10000メートル入賞者です。

 

青森:福士加代子(ワコール):1月30日で引退 10000メートル日本歴代4位


2022年1月いっぱいで引退を表明している福士加代子さんは、最後の駅伝となりました。

25位で襷を受け取り3つ順位は落としてしまいましたが、最後は笑顔のラストランとなりました。

沿道からは、「今まで元気をもらってありがとう」と感謝の気持ちの暖かい応援が多く、涙を流しながら走っていました。

 

群馬:不破聖衣来 4区4キロで12人ごぼう抜き

 

 

 

不破聖衣来は本来は9区アンカーにおきたかったのですが、12月に2本のレースをしていることから、疲労の程度を考慮し4区にしたようです。

4区は4キロしかないので、せっかく10000メートル歴代2位の不破聖衣来が出場するのに残念ですが、4区でのごぼう抜きをしてくれました。

期待通りの異次元の走りでした。

中学の時から出場しているこの大会で、成長させてもらってきたそうでうす。

 

Twitterの声

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

都道府県対抗女子駅伝2022の優勝候補は?混戦9区アンカー勝つのは誰?と題してお届けしてきました。

都道府県対抗女子駅伝2022の優勝候補と上げられていた県が順当にいい成績を収めたと思います。

混戦9区アンカー勝ったのは、前回に続き京都でした。

中学生からオリンピアン、ベテランまでいろんな世代が県のために、一つの襷を背負っていくこの大会は、気持ちが詰まった襷の重みを感じとても感動的でした。

不破聖衣来さんが群馬のアンカーでなかったのだけは残念でした。

家族的な大会で、若者達は先輩の姿を見て成長していく糧にもなり、世代を超えて助け合う姿が見られて、とても暖かい大会でした。

不破聖衣来 拓殖大学 進学 監督 五輪
不破聖衣来の拓大進学はなぜ?監督の指導でオリンピックも視野に!不破聖衣来(ふわせいら)さんは拓殖大学1年生の女子陸上選手です。 2021年12月の富士山駅伝の10人ごぼう抜きで、圧倒的存在感を...