北海道

秋のニセコ旅行おすすめスポットは?お土産に人気のお店もご紹介

夏のニセコ旅行 ラフティング ヒラフ
Pocket

北海道のニセコへの旅行は人気ですね。

北海道といえば大自然。大自然といえばニセコです。

ニセコは千歳空港や札幌から、2時間半くらいのところにあります。

ニセコと一言でいっても、とても広く、ニセコ連峰は多くの山がつながっていて、そのふもとごとにスキー場があり、リゾート地帯となっています。

特に、グランヒラフ、東山ニセコビレッジ、アンヌプリ、HANAZONOの4つのリゾートは有名で、それぞれにホテルやペンションやレストランなどがあります。

魅了されて移住した外国人が多く、コロナ前には、海外の富裕層が、大勢で旅行に訪れていたので、とても国際的な雰囲気です。

特にグランヒラフエリアは、日本ということを忘れるほど、雰囲気も人も外国さながらです。

冬のニセコは、世界一のパウダースノーと言われ、スキーリゾートとして有名ですが、秋はニセコで何するの?という方のために、秋のニセコ旅行のおすすめスポットを紹介します。

私は足を使うようなきつい運動ができないので、ゆったり行動したい人向けになっています。

遊んだ後は、ニセコ自慢の旬のものをお土産に持ち帰ってもらいたいので、お土産を買いたい人に是非知ってもらいたい人気店も紹介します。

 

秋のニセコ旅行おすすめスポットは?

夏のニセコ旅行 ラフティング ヒラフ

ニセコで遊ぶ!といえば、真っ先に思い浮かべるのがラフティングです。

その他にも登山、トラッキング、サイクリング、アスレチック、ゴルフ、テニスなどの遊びがいっぱいできます。

ニセコで食べる!といえば、大自然の中で育った採れたての野菜やフルーツで、味が濃くてとてもみずみずしいです。

他にも牧場で作ったチーズなどの乳製品、豚肉やジンギスカン、海鮮品などの食材が揃っているため、ニセコは北海道のグルメスポットでもあり、おいしい物がたくさんあります。

ニセコは多くの外国人が移住していて、海外の富裕層向けの、豪華ホテルやコンドミニアムがたくさん建っています。

英語の看板と街並みを見ながら、海外旅行気分にひたるのもおすすめです。

 

川で遊ぶ

ニセコの川といえば尻別川(しりべつがわ)で、フラティングやダッキーに乗って、川下りをするのがおすすめです。

全長5キロメートルほどのコースになっていて、川の激流を下っていくので、迫力とスリルを味わうことができます。

朝と昼の2回、移動を含めて3時間くらいのコースになっていて、料金は5000円前後が一般的です。

専門のお店が何軒もありますし、ホテルが直接運営しているケースもあるので、宿泊施設の場所などを考えながら、どこの店舗に申し込むかを決めるとよいです。

修学旅行生などの団体にも人気なので、お早めに申し込みをすることをおすすめします。

お店に集合し、ウェットスーツと靴を選び、尻別川までバスや車で移動します。

 

ラフティング体験

ラフティングはゴムボートに乗って、川の急流を下るアクティビティで、最大で7名とガイドさんがボートに乗りこみ、協力しながら漕ぎ進めていきます。

ガイドさんが、パドルを使った漕ぎ方や、波が来たときどうするかなどを指導してくれます。

携帯などの小さな荷物は、防水の袋を用意してくれるので持って行く事ができます。

めがねはしっかり固定し、川に落ちた時のためにマスクはできません。

流れが激しい時は、ロープにしっかり捕まって、頭を下げながら、波しぶきの中をどんどん下っていきます。

急流を下る時は、迫力満点で、大自然の中、川のアップダウンと大きな波の中を、ジェットコースターで進んで行くようなスリル感を味わえてとても楽しいです。

川から見る風景は、普段は見られないので、映えスポットでは写真の撮影もできます。

途中でガイドさんが写真を撮るために、お客さんを片側に集めて、あえてボートを一気に傾かせ、川へボッチャン!ということもあります。

川に落ちる体験は、普段では絶対にできないので、この機会に是非落ちたいという方は、志願するとガイドさんに喜ばれると思います。

私はガイドさんにお断りして、落ちてはいませんので、落ちたくない人でも安心して参加できます。

 

ダッキー体験

ダッキーは空気でふくらませるエアー式カヌーです。

小さなラフティングボートのような小型の船で、一人用と二人用があり、1本のパドルを使って漕ぎ進めて行きます。

ガイドさんは近くで見ていますが、一緒には乗りません。

ラフティングと同様のコースを行くので、迫力とスリルがあり、さらに、ガイドさんがいないという緊張感を味わうことができて楽しいです。

小さくて不安定な船なので、どこに向かうかわからないところや、アップダウンの場所では転覆することもあり、それがまたドキドキして面白いところでもあります。

私もラフティングから途中で乗り換えて、緊張しながら一人用ダッキーでだいぶ進みました。転覆はしていないのに、なぜかお尻がびっしょりになっていました。

 

ラフティング・ダッキー体験者の感想

ガイドさんの説明が分かりやすく、全くの初心者でも気軽に安心して参加することができました。
童心に返ってまるで子供のようにはしゃぐことができ、最高に楽しかった
混雑すると川が渋滞して、待ち時間が多かったのが残念。
夏は川の水の量が少なくて、穏やかだったけど、台風後の秋は水が多くて激しくて楽しかった。

 

山で遊ぶ

登山は有名ですが、もっと気軽に、ゆっくり景色を眺め、鳥の声を聞きながら歩きたいという方はトレッキングがおすすめです。

ニセコには、羊蹄山の火山活動でできた、美しい沼がたくさんあります。

アップダウンが少ないコースを選べば、ゆっくり歩くことができるので、子供や年配の方にも楽しめます。

2-3時間くらいのコースで、ガイドさんに説明を受けながら、ゆっくり進んで行きます。料金は5000円前後です。

初心者向けのコースを紹介します。

 

パワースポットの神仙沼コース

駐車場から湿原の中を歩いて行くと、25-30分くらいのところに神仙沼があり、まさに神や仙人が住んでいそうな神々しい雰囲気の場所です。

秋には紅葉で色づいた木々の景色が沼に写し出され、本当に美しく、静けさの中に佇むと、それだけで何かが降り注ぐような感じでパワーをもらえました。

アップダウンが少なく、遊歩道が整備されているので、初心者にもおすすめです。

神仙沼を見た後の帰り道は、ゆっくりと湿原や花を見ながら散歩するのも楽しいです。

 

大自然を感じる半月湖コース

羊蹄山の火山活動によってできた火口に、水がたまってできた湖が半月湖で、羊蹄山の登山口にあり、駐車場からは20分くらいで到着できます。

途中は、背の高い草木が生い茂り、ほぼ手が加わっていない原生林に囲まれた道を歩いて行くので、ほんとに大丈夫かな・・・と不安になった頃、湖が見えた時にはとても感激しました。

秋は、湖の水面に木々の赤や黄色が映りこみ、湖いっぱいが紅葉となりとても美しいです。

 

トレッキング参加者の感想

神仙沼
神仙沼
気温が高いとブヨや蜂などの虫がいるので、長袖、長ズボンで参加することをお勧めします。
神仙沼
神仙沼
入口からそう遠くないと聞いていたが、結構遠かった。しかし、その場につくとあまりに清々しく、気分が爽快になる。一番奥の沼の視界が開けてから見える景色は最高です。いつまでも座っていたいと思った。
半月湖
半月湖
水は綺麗ですが、木々が多く茂っていて、全体を見渡せる場所が無かった。湖畔も特に整備されていなかった。
半月湖
半月湖
きれいな湖で湖面も穏やかで木々が湖面に反射してとてもきれいだった

 

リゾートで遊ぶ

ニセコと周辺の町は、外国人が人口の12%を占めている事もあり、ヒラフ十字街からヒラフ坂につながる道は、ここは日本?と目を疑うような街並みです。

英語の看板や広告、ヨーロッパ風のホテル、ゴージャスなコンドミニアムが建ち並び、外国人が行き交い、お客さんも店員さんも外国人です。

何カ国語も飛び交い、北海道の田舎のニセコが、スイスかイタリアのスキーリゾート地のように感じます。

外国人が、外国人の富裕層のために作った、外国人のためのリゾートです。

ニセコは海外の富裕層が訪れるため、リッツカールトン、パークハイアット、ヒルトンなど、世界的にも有名のホテルがたくさん建っています。

高級別荘地や高級コンドミニアムのエリアを見て回るのも、夢の世界のようで楽しいです。

おすすめのカフェと高級ホテルをご紹介します。

 

カフェ・レストランJojo’s

山小屋風のスポーツの複合施設NAC (Niseko Adventure Centre)の2階にあります。

ロッジ風の建物は、もちろん海外気分を醸しだし、ヒラフの街並みに溶け込んでいます。

海外サイズのボリューム満点のハンバーガーは、パンはふわふわ、チーズはとろとろ、ハンバーグはしっかりした肉感なのにジューシーで、とってもおいしいです。

窓から羊蹄山を眺めながら、アルプスに来ているつもりで、BIGサイズのバーガーを食べるのがおすすめです。

 

店舗情報

 

パークハイアット ニセコ HANAZONO

何の建物もない田舎道を進んで行くと、突如ガラス張りでピカピカと輝く建物が登場し、こんな何もないところに何?と驚きます。

それがパークハイアット ニセコ HANAZONOです。

景色にマッチしない洗練された建物に圧倒されます。

ホテル内には、ミシュラン三つ星のレストランが入っています。

いつか泊まってみたいと夢を見ながら、ドライブするのもおすすめです。

 

店舗情報

 

夏のニセコ旅行でお土産に人気のお店もご紹介

夏のニセコ旅行 ニセコ駅 ニセコビュープラザ

ニセコのお土産はなんといっても、地元の野菜やチーズやヨーグルトを中心とした乳製品がおすすめです。

旬の野菜を使ったパンやピザ、作りたての乳製品を使ったお菓子が人気です。

お土産にも自宅にもおすすめの、お土産を買いたい人必見!の人気店を紹介します。

 

デルソーレ(Del Sole)

 

アンヌプリスキー場の入り口にあるピザの専門店で、緑の壁の三角屋根のかわいいお店です。

地元の野菜をふんだんに使ったピザは絶品で、私の一番のおすすめは水牛のモッツァレラを使った、お店と同じ名前の「デルソーレ」です。

ここを目的にして、またニセコを訪れたい、友達にも食べさせてあげたいと思うほどおいしかったです。

外国人のお客さんに混じって、食事をするのもいいですが、テイクアウトもできるので、お土産にもおすすめです。

 

店舗情報

 

ニセコミルク工房 高橋牧場

 

乳製品のお土産を買うなら絶対にここです。

工房もあり、ガラス越しに作る過程を見学できます。

ソフトクリームや、ヨーグルト、チーズケーキ、シュークリームなどは濃厚な味わいで、しかも出来たてをその場で食べられるのも楽しいです。

お土産には「ミルクーヘン」というバームクーヘンが絶品で、友達からも何度もいただいたことがありますが、私もついつい同じ物を購入してしまいます。

 

店舗情報

 

道の駅「ニセコビュープラザ」

 

ニセコでおすすめのお土産屋さんといえば、道の駅「ニセコビュープラザ」です。

地元で朝取れた野菜がたくさん並んでいて、とにかく驚くほど安いので、ニセコに来たら、1週間分の野菜を大量買いしています。

○○さん家のブロッコリー、○○さん家のとうもろこしなど、生産者の名前をつけて売っているのも安心です。

味が濃くて甘くて新鮮で、地方発送もしてくれます。

地元のお菓子や、工芸品などもあるので、お土産探しには最適です。

 

店舗情報

 

まとめ

夏のニセコ旅行 ヒラフ坂 比羅夫

冬のニセコはスキーやスノーボードで有名ですが、秋のニセコで何するの?と思う方のために、秋のニセコ旅行のおすすめスポットを紹介しました。

お土産には、ニセコの旬を持ち帰ってもらいたいので、お土産におすすめの人気店も紹介しました。

まだまだ紹介しきれないアウトドアの遊びがたくさんありますので、好きな事を探して思いっきり体験して下さい。

大自然の中でアクティブに遊び、海外旅行気分を味わいながら、地元の料理を堪能する。

そんなニセコの秋旅行を是非楽しんでください。