スポーツ

りくりゅうペアの身長差は何cm?身長と体重の違いを画像で比較!

りくりゅうペア 身長差 何㎝ 体重 画像
Pocket

りくりゅうの身長差がすごくありますが、何㎝くらいでしょうか?

こんなに身長差があって滑りにくくないのかな?と思うほどです。

りくりゅうペアの身長差は何cm?身長と体重の違いを画像で比較!と題してお送りします。

りくりゅうとは、りく(三浦璃来)さんと、りゅう(木原龍一)さんの「フィギュアスケートのペアの選手のことです。

日本代表として注目されていますね。

りくりゅうや日本のペア選手、海外選手についても、身長と体重の違いを画像で比較してみたいと思います。

 

りくりゅうペアの身長差は何cm?

 

フィギュアスケートペアとは

 

 

フィギュアスケートペアは、フィギュア競技の中で、最もダイナミックでアクロバティックな競技で、氷上で技を競うため、失敗すると危険な要素も多く含みます。

滑りながらスロージャンプやリフトなどを行うのですが、滑走中に女性を持ち上げたり、放り投げたりなど男性の負担がかなり大きく、身長や筋力が大事になってきます。

女性は身長が低くて、体重の軽い人の方が有利なのでしょうか?

 

身長差は何cm?

 

写真で見ても明らかですが、りくはりゅうの肩よりも身長が低そうで、身長差に驚きますが、いったいどのくらい違うのでしょうか?

 

りくのプロフィール

りく:三浦璃来(みうらりく)
20歳(2001年12月17日生まれ)
兵庫県出身

身長:145cm 体重は非公表(推定35キロ)

 

りゅうのプロフィール

りゅう:木原龍一(きはらりゅういち)
29歳(1992年8月22日生まれ)                      愛知県出身

身長体重:175cm 62kg

 

2人の身長差は?

りくが145㎝で、りゅうが175cmなので身長差は30㎝あることがわかりました。

こんなに違うと、演技の時に組みにくかったりしないのでしょうか?

ちょっと心配になりますね。

 

身長差の影響はないの?

ペアの演技の時に、身長差は問題ないのでしょうか?

ライバルの身長差についても調査してみました。

 

アナスタシア・ミシナ、アレクサンドル・ガリアモフ組(ロシア)

 

2021年 世界選手権優勝

グランプリシリーズ  NHK杯1位、ロシア杯1位

160cm/187cm  身長差は27㎝

 

隋文静(ウェンジン・スイ)韓聡(ツォン・ハン)組(中国)

2021年 世界選手権2位 2020年と2019年は優勝

グランプリシリーズ スケートカナダ1位、イタリア大会1位

150cm/181cm 身長差は31㎝

 

エフゲニア・タラソワ、ウラジミール・モロゾフ組(ロシア)

2019年 世界選手権 2位

グランプリシリーズ スケートアメリカ1位、NHK杯2位

159cm/190cm 身長差は31㎝

 

アレクサンドラ・ボイコワ、ドミトリー・コズロフスキー組(ロシア)

 

2021年 世界選手権3位

グランプリシリーズ スケートアメリカ3位、フランス杯1位

164cm/185cm 身長差は21㎝

 

りくりゅうペアのライバルの上位チームを見ると、4組中3組が身長差が30㎝前後であることがわかりますね。

身長差は演技に良い方に働く可能性がありそうです。

りゅうは175cmで他の国の選手に比べて、背が低い方なので、りくの145㎝はちょうど良いのかもしれません。

 

りゅうの意見

「ペアは小さい子のほうが投げやすかったりするので、やりやすいとは思います。

身長が大きいと見映えはすると思うんですが、僕自身もそんなに大きくないので、三浦さんが一番合っていると思います」

 

りくりゅうの馴れそめ

どうやって2人はペアを組むことになったのか、馴れそめをみてみましょう。

 

りゅうがペアの選手に

りゅうは、シングルのスケート選手として、ジュニアの大会や全日本選手権にも出場し10位前後の成績でした。

2013年 高橋成美さんが、五輪に出場するための、ペアの相手を探していました。

高橋成美さんは、マーヴィン・トランとペアを組んで、世界選手権で銅メダルの成績を残していましたが、カナダの国籍だったため、日本の五輪代表選手にはなれません。

そこでトランとのペアを解消し、日本人のパートナーが必要でした。

りゅうは2011年にトライアウトに出たことがありました。

その際にお手本として出ていたのが高橋成美さんで、りゅうと手を繋いだとき、トランと似た相性感じたため、突然オファーを受けたのです。

熱い説得の末、りゅうは、「五輪を目指すにはペアしかない」と考え、2013年ペアに転向しました。

2014年 ソチ五輪では、SP18位でFS進出はなりませんでしたが、団体で5位に貢献しました。

2014年の日本選手権では、ペアでの日本歴代最高点を出しました。

 

りゅうが高橋成美さんとのペアを解消したわけ

高橋成美は膝の手術後でなかなか回復せず、りゅうはペアが初めてで、ペア用の筋力などが付いていない状態で、リフトなどをしたため、手首を痛めてしまいました。

急に選手に抜擢されているので仕方がありません。

お互いの怪我が治らなかったこともあり、2015年3月31日に高橋成美さんとのペアを解消しました。

 

りゅうが須崎海羽さんとペアに


2015年6月17日 ペアを結成し、2017年の全日本選手権優勝し、平昌オリンピックに出場しました。

SP21位でFS進出できませんでした。

2018年も全日本選手権連覇でしたが、四大陸選手権へ向けた練習中にりゅうが脳振とうになり、安静が必要と判断され、その後のすべての試合を棄権し、そのまま2018年4月8日ペアを解消となりました。

 

りゅうが須崎海羽さんとのペア解消したわけ

 

須崎海羽さんは身長が154㎝と、ペアーとしては身長が高く、体重も重たい方で、高橋成美さんに慣れていたりゅうにとっては、少し負担があったかもしれません。

それまでは高橋成美さんにリードしてもらっていたことや、自分の手首が完璧ではないこともあり、自分が主導権を持つほどには、気持ちが上がらなかったのかもしれません。

そんな時に、練習中の脳振とうになり、いつ回復するかわからず、向いていないか、辞めた方がいいのかと考えるきっかけとなりました。

シングルの選手として最後の競技人生を送って引退しようと考えていました。

 

りくと市橋翔哉のりくしょうペアの結成

りくはシングルの選手として競技会に参加していました。

2015年にトライアウトに参加して市橋翔哉さんとペアを結成しました。

市橋翔哉さんはりゅうと同じ175cmで71キロです。

2015年、2016年には全日本選手権ジュニアクラスで優勝、世界ジュニアでも10位の成績を残しましたが、その後もあまり伸びきれず2019年7月にペアを解消しました。

 

りくしょうを解消したわけは

理由に関しては発表されていませんが、とても仲良くしていましたが、個々の目標が変わってきたのか?2人の間でギクシャクがあったのかもしれません。

 

りくとりゅうのペア結成

トライアウトに参加して、りくはりゅうを選びました。

2018年8月5日 三浦璃来と木原龍一はペアを結成し、2週間後には三浦璃来の拠点のカナダ オークビルに移動しました。

複数のコーチによる手厚い指導を受けていて、そこからの快進撃のはじまりです。

りゅうの感想

「トライアウトした時、感覚が今までのペアとは全く別次元で。

自分が投げたい、やりたいことが実現できるんじゃないか。

カミナリが落ちたというか、もしかしたら合うんじゃないか。

最後のチャンスなんじゃないかと思いました」

りくの感想

「私たちの友人の小松原美里さんから「龍一君ってやさしいよ、人柄も良くて熱心で」と聞いて、私と組んでくれませんか? とお願いしました」

 

トライアウトとは?

女子選手が一度男性と組み、「合う、合わない」や、自分ができるかどうかを試す会です。

海外では多数の選手と試すことができるので、気軽に参加して、どの人にしようかフランクに選ぶことができますが、日本ではバチュラー状態で、オーディションのように行われています。

一度選ぶと、なかなか別れられなくなるので、直感が大事になります。

ペアは個々の実力よりも、相性が大事で、自分の癖と相手の癖があうかどうか、タイミングが合うかどうか、合わせられるかどうかの見極めが大事です。

りくがトライアウトに出て、りゅうを選んだという事です。

 

りくりゅう身長と体重の違いを画像で比較!

りゅうの元ペアの女性達

これまでりゅうは2名とペアを組んでいました。

 

高橋成美 148㎝ 38キロ

 

はじめてのペアで、急に決まった話でもあり、手首を痛めたりと、万全ではありませんでした。

しかしスケーティングはとてもきれいで、いいペアだと言われていました。

 

須崎海羽 154㎝ 42キロ


須崎海羽さんは、小柄な方ですが、フィギュアスケートペアの選手としては大きめで、その分、体重も若干重くなると思います。

りゅうにとってはリフトの時など少し重くて、負担が大きかったのかもしれません。

 

三浦璃来 145cm 推定35キロ

 

りゅうは身長が高い方ではないので、ペアになる女性は身長が低く、体重が軽い人の方が合うのだと思います。

りくは、身長が低く体重も軽いので、手首を痛めることなく、きれいにリフトをあげることができます。

 

Twitterの声

 

団体戦で感動!


オリンピックでは団体競技があり、女子シングル、男子シングル、ペア、アイスダンスの4種目の合計点で国別に競います。

日本は羽生結弦さんや浅田真央さんが揃っていたときでも、最高順位は5位でした。

どうしてもペアとアイスダンスの順位が低く、合計点への加算が少なかったのです。

でも2022年の北京五輪団体では凄いことがおきました。

りくりゅうペアが全体で2位の成績を出し、十分すぎる貢献で、銅メダルを獲得したのです。

日本のペアの実力の高さに、日本中が驚き、感動しました。

 

 まとめ

 

りくりゅうペアの身長差は何cm?身長と体重の違いを画像で比較!と題してお送りしてきました。

りくりゅうの身長差は30㎝でしたが、他のペアも30cm前後の身長差のペアが多かったです。

海外の有力選手やりゅうの元ペアの選手達の、身長体重の違いを画像で比較していきました。

りゅうにとっては、身長が低く、体重の軽いりくが相性抜群なのだと思います。

今後も歴代最高点を次々と塗り替えて、頑張って欲しいですね。

五輪の個人戦でもメダル目指して、のびのび楽しんで滑ってください。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。

 

りくりゅうペアは絶対に付き合ってると思います!匂わせがすごい