スポーツ

大阪桐蔭の松尾汐恩の進路はプロ?ドラフト候補かスカウトの評価を紹介

大阪桐蔭 松尾汐恩 進路 プロ ドラフト候補 スカウト 評価
Pocket

甲子園で注目選手となった大阪桐蔭の松尾汐恩(まつおしおん)選手は、野球の実力もすごいのですが、イケメンで性格の良さも話題となり、見る人を釘付けにしました。

大阪桐蔭の松尾汐恩選手の進路はプロでしょうか?進学でしょうか?

プロのスカウトからも大注目されているドラフト候補ですが、まだプロ志望の意思表明はしていません。

どのポジションでのドラフト候補になるのかスカウトの評価も気になります

大阪桐蔭の松尾汐恩の進路はプロ?ドラフト候補かスカウトの評価を紹介と題してお届けします。

 

大阪桐蔭の松尾汐恩の進路はプロ?

大阪桐蔭の松尾汐恩選手はプロ志望届を出すのか出さないのか気になります。

捕手として大活躍していますが、捕手になったのは高校1年からでした。

異色の経歴を紹介します。

 

大阪桐蔭の松尾汐恩の進路

甲子園が終わり、U18侍ジャパンのメンバーとしてフロリダに向かいますが、現段階では、プロ希望かどうかの意思表示はしていません。

甲子園終了時のコメントとは

終わってしまったのを実感している。

この悔しさを持って次のステップに切り替えたい。

進路についてはこれから考えていく。3拍子そろった選手になりたい。

 

プロフィール

松尾汐恩選手がいつから野球を始めたのかプロフィールを紹介します。

身長と体重

178cm76kg

遠投110m、50m6秒2

 

小学時代

京都府精華町出身で、小学校は川西小学校。

小学1年性の時から軟式の少年野球チームに所属しました

 

中学時代

精華中学校では、京田辺ボーイズで遊撃兼投手をしていました。

この世代のNo1ショートとして注目されていたそうです。

MAX142キロの強肩で有名でした。

中学時代は日本代表として、中学3年生で世界大会に出場しています。

 

大阪桐蔭時代

今から思えば信じられませんが、1年性の夏にはベンチ外でした。

そして1年生の秋からチームの事情により突然捕手になりました。

打者としては8番バッターでした。

2年生の春の選抜大会では代打としてはじめて甲子園に立ちました。

2年生の春季大会から正式な捕手となり、夏には3番バッターとして2年生の夏の甲子園で優勝に貢献しました。

2年生からメキメキ頭角を現し、その成長は凄まじかったです。

中学時代にショートで鍛えた肩は、捕手でも十分発揮して、相手の盗塁を刺す力があります。

これまで4度甲子園に出場し、5本のホームランを打ちました。

これは歴代5位タイ記録です。

今回の甲子園でも2本打ちました。

捕手では、素早い送球が自慢で、2塁送球1秒87を計測しています。

捕手としても、3塁の内野手としても大活躍で、打撃も守備もレベルの違う力を見せつけています。

 

松尾汐恩どんな人?性格がよくてコミュ力が高い

松尾汐恩選手が注目されるのは、実力だけではありません。

試合中にも性格の良さが存分に発揮されていて、気遣いの人であり、しかもコミュ力が凄いんです。

相手選手もライバルながら笑顔になってしまうほどの力を発揮します。

いつまでも素直で無邪気、野球が心から大好きなのが、体全面からあふれ出ています。

 

 

U-18侍ジャパン試合スケジュール

2022年9月9日~9月19日までの期間、アメリカのフロリダ州で開催されます。

捕手として出場予定です。

プロのスカウトが期待して見ているでしょう。

また性格の良さとコミュ力を発揮してくれるでしょう。

試合が楽しみですね。

オープニングラウンド
2022年9月10日(土)4:00 イタリア – 日本
2022年9月11日(日)8:00 メキシコ – 日本
2022年9月12日(月)8:00 日本 – パナマ
2022年9月13日(火)8:00 日本 – オーストラリア
2022年9月14日(水)8:00 日本 – チャイニーズ・タイペイ
※開始時刻は日本時間(フロリダ:時差-13時間)

スーパーラウンド
2022年9月16日~9月18日

決勝・3位決定戦
2022年9月19日

第30回WBC U18 ベースボールワールドカップ 無料配信

 

WBCが終わると国体にも参加予定です。

まだまだ松尾汐恩のプレーを見ることができそうです。

ここで今までのライバルチームが、日本代表として一緒に戦うことになります。

個々人の考え方に触れ、今後の進路にいい影響を受けるような関係性ができるといいですね。

 

大阪桐蔭の松尾汐恩はドラフト候補かスカウトの評価を紹介

誰にでも明るく話しかけて、見ているこちらまで楽しくなるような、そんなスター姓の溢れる選手ですが、実際にスカウトの評価はどうでしょうか?

 

ドラフト候補?

ドラフト候補どころか、1位指名はないかもしれませんが、2巡目に指名される確率が高そうなレベルの松尾汐恩選手です。

本人がプロ希望届を提出した場合は、ドラフトで指名されることは間違いないと思います。

 

ポジションは?

現在は捕手と遊撃手という異色の組み合わせでポジションに入っていました。

どちらもできるのでおもしろいとか、将来性を感じるという評価も多くでています。

捕手として・・・というチームもあれば、内野手としてというチームもあるでしょう。

それとも異色の2刀流でしょうか。

どこのチームが獲得するかで、将来の方向性まで決まるのでドキドキです。

 

スカウトの評価は?

DeNAスカウト

捕手として「ミットの動きが良く、キャッチングもうまい。打撃も非常にいい。」と最上級の評価

 

広島カープスカウト

「打撃がいいし、肩もいいし、面白い。」と評価

 

中日スカウト

「いいものを出しているし、センスがありセンバツに比べて粗さ、強引さがなく、素直に打っている。確実性が出てきた。上位指名に入ってくる。捕手で遊撃もできて、新しいタイプの選手」

 

オリックス

「思い切りがいい。引っ張り傾向はあるけど、身体能力も高く、プロに入って伸びると思う」

 

福岡ソフトバンクスカウト

「フットワークがいい。球離れも速い。打撃も成長している。崩されているのを見たことがない」

 

阪神タイガース

「コンスタントに結果を出してくれる。今年の中では数少ない選手。捕手だけじゃなくいろんな可能性がある。内野手・外野手としての可能性についても見ている」

 

イケメンでスター性も抜群

松尾汐恩選手が性格がよいととても評判がいいです。

この動画は136万回も再生されていて、自然に気を遣うことができる、笑顔の松尾汐恩選手にやられてしまったという感じでしょうか?

さわやかなイケメンで、周りの人まで笑顔にできるので、癒されるという人も多く、すでにファンがたくさんいます。

人の心に入り込める松尾汐恩選手のスター性を感じます。

 

Twitterの声

まとめ

大阪桐蔭の松尾汐恩の進路はプロ?ドラフト候補かスカウトの評価を紹介と題してお届けします。

大阪桐蔭の松尾汐恩の進路はプロか進学かはまだ本人が表明していません。

プロ球団ののスカウトはもちろんドラフト候補として高く評価していて、捕手か内野手かのポジションも考えながら指名してくると思います。

これから始まるWBC、U18侍ジャパンとしての松尾汐恩選手の活躍も楽しみです。

ドラフトもドキドキしながら見守りたいと思います。

>>甲子園で大活躍で大注目!下関国際の仲井慎の進路はプロ?