エンタメ

FNS歌謡祭浜崎あゆみの顔変わった?昔の画像と比較調査

FNS歌謡祭 浜崎あゆみ 顔変わった
Pocket

FNS歌謡祭に浜崎あゆみさんが出演しましたが、昔の浜崎あゆみさんじゃないと話題になっています。

浜崎あゆみさんの顔変わった?昔はあんなにお人形さんだったのになぜ?

浜崎あゆみが浜崎あゆみじゃない・・・と以前の画像をみて衝撃が走った方もいたようです。

1978年10月2日生まれなので、現在43歳で、お子さんも出産されたし、女性は40代になると以前の面影がなくなってしまうのでしょうか?

どこがどうなったのでしょうか?

浜崎あゆみさんの顔変わった?昔の画像と比較調査してみましょう。

浜崎あゆみの顔変わった?

 

足を骨折されているので、座ったままの歌唱で、衣装はすばらしくて、髪型も最高にかわいくて昔のように素敵だったのですが、なぜ別人のように見えてしまうのでしょうか?

 

顔のどこが変わったの?

太ったのか、顔が全体的に大きくなっていて、顔の顎のラインがシュッとした感じではありませんでした。

ほっぺがつっぱた感じがして、ボトックスとかを入れているのかもしれませんね。

ほっぺが張りすぎていて、目が小さくなってしまっているような印象でした。

口元がおちょぼ口のように見えたし、表情が作りにくい感じに見えて、顎が少し四角い感じがしました。

作られた仮面のように見えてしまいました。

 

SNSでの感想は?

 

 

 

モノマネの人ではないかという説まででいましたね。

でもとてもかわいいと感激されている方や、やはりオーラがすごいし歌も上手いと絶賛されている方も多くいて、感想は二極化していました。

2曲目に歌ったNo way to sayは2003年に発売した曲で、冬に聴きたい名曲として歌われましたが、自分の曲だととても感情がこもっていて、以前と変わらずに素敵でした。

 

浜崎あゆみの顔を昔の画像と比較調査

FNS歌謡祭でのあゆ

 

 

衣装を着ていないときのあゆ

最近の画像を見ると、衣装をしていない時と比べると、FNS歌謡祭の浜崎あゆみさんはそんなに変わらないです。

現在はいつもFNS歌謡祭のお顔なのだと思います。

 

若い頃のあゆ

若いときの画像をみてみましょう。

 

2003年の No way to sayは今の面影が少しありませんか?

若さでアイドルとして歌う歌と、年齢を重ねて、出産もして、たくさんの人生経験を積んで歌う歌は、また別の深さがあり、素敵なのだと思います。

人は昔のままではいられないのですが、芸能人や特にアイドルには、いつまでも昔のままでいてほしいという願望があるので、ちょっと老けてきただけで厳しい評価をしてしまうのかもしれません。

昔の初恋の人と会ったら、ショックだった感じと同じかもしれません。

本当に20代のころの浜崎あゆみさんが忘れられないとうのが本音かもしれません。

いつまでもかわいいままの、憧れのあゆでいてほしいのだと思います。

まとめ

 

FNS歌謡祭の浜崎あゆみの顔変わった?昔の画像と比較調査をしてみました。

人は年齢を隠すことはできませんので、昔と比べてすこしふっくらして、顔の輪郭もかわり、以前のようにきゃしゃでかわいいアイドルというようではありませんでした。

ある程度の年齢になる芸能人は、顔にもシワではなくハリが出るように、みなさんボトックスなどをされていると思います。

そのせいで、口が小さくなったり目が小さくなったりするのかもしれません。

昔の画像と比較して、FNS歌謡祭の浜崎あゆみさんの顔は変わったと思いますが、意識消失しても、骨折しても頑張る浜崎あゆみさんを、今後も応援したいと思います。