ニュース・事件・事故

au通信障害の補償あるのないの?補償はいくらで返金時期や支払い方法はどうなる?

au通信障害 補償あるの 補償いくら どうなる
Pocket

2022年7月2日の1時35分から発生したauの通信障害は、想像以上に長引いて、多くの人が混乱に陥りました。

復旧後には補償の話になると思いますが、補償はあるのないの?どっち?とはっきりしてほしいですね。

補償があるのなら補償はいくらで時期はいつになるの?支払い方法がどうなるの?ととても気になります。

個人の携帯電話の障害に加え、物流や銀行、気象庁、交通など多くの企業も業務が停止し大変な事態となりました。

au通信障害の補償あるのないの?補償いくらで返金時期や支払い方法はどうなる?と題してお届けします。

 

au通信障害の補償あるのないの?

auの通信障害は日本中に想像以上の混乱を与えました。

コロナ禍でもあり、様態が悪化しても連絡ができないケースや、大雨の災害や熱中症などの時期とも重なり、通信手段がない事の恐ろしさを実感しました。

この状況の補償はどうなるのでしょうか?あるのかないのかはっきりしてほしいです。

 

高橋誠社長の会見(2022年7月3日)

KDDIのカスタマーサービスへの問い合わせは5万件に達しているそうです。

Twitterではリツイートを含めると41万件の声が上がっています。

影響する回線数は全国で最大3915万回線でした。

高橋誠社長の会見はとても丁寧で、内容にも詳しくて評判がよかったです。

責任を取って辞任ということは避けて欲しいという意見も多かったです。

 

 

個人への補償

カスタマーサービスにも、たくさんご意見をいただいています。

今、一律に補償するかどうかは、回答を持ち合わせておりません。

もう少し、障害の内容を確認した上で、補償について検討していきます。

カスタマーサービスでもそのように回答しています。

 

法人顧客への補償

法人のお客さまについては、契約によってさまざまなサービスを提供しています。

その契約のあたりも踏まえながら検討していきます。

 

2回目の会見(2022年7月4日)

ユーザーへの補償については、現時点では原因究明と再発防止を優先しており、お客様への対応については別途案内する

と少し曖昧な感じでした。

 

困ったことのTwitterの声

どんなことが困ったのかをみていきましょう

個人

 

 

 

 

法人顧客

補償あるかないかは企業の信用問題

補償は前向きには検討しているとのことですが、7月5日時点では明確にされていません。

ここまできて補償はありませんということになれば、国民の怒りや反感が頂点に達し、ユーザー離れが一気にすすむ可能性があります。

補償があってもあまりにひどい内容の場合も同じです。

補償をする人数自体も大変な数だと思いますが、大事な顧客を失うかどうかがかかっていますね。

 

au通信障害補償いくらで返金時期や支払い方法はどうなる?

 

通信障害のために困って普段なら使わなくてもいいお金を使った人もいるでしょうし、心も負担も大きかったでしょう。

待ち合わせができなかった、買い物ができない、ライブのチケットが出せなかった、ホテルが予約できなかった、電車の予約ができなかった、家族が危ないのにかけつけることができなかったなど、日本中でいろいろな事が起きました。

補償があるのなら、補償額はいくらで、いつどのように返金されるでしょうか?

 

auの約款

「通信サービスが全く利用できない状態が24時間以上連続したときに、損害を賠償する」

auの約款によると、利用できなかった時間から24時間毎に補償する内容になっています。

発生したのは7月2日の1時35分ですので、それからのカウントとなります。

現在の発表では、「利用しづらい状況だった」としているので、24時間連続ではなかったと判断された場合は補償の対象に該当するのか?という不安もあります。

 

過去の通信障害と補償額

今回の障害は過去最大と判断され、総務省でも「電気通信事業法上の重大な事故に該当すると認識している」と発表しています。

過去の通信障害とその時の補償について調べてみました。

 

au

2013年4月に6時間の通信障害、5月に19時間の日と10時間の通信障害が発生し、64万回線に影響がありました。

合計で約35時間でしたが、この時には請求額から700円引きになったということでした。

2015年7月にはKDDIの障害が発生し、800万回線に影響しました。

この時は時間が短かったのか補償の話はでていないようです。

 

softbank

2018年12月にはソフトバンクの障害が発生し3060万回線に影響しましたが、4時間で復旧しているので補償はありません。

 

NTTdocomo

2021年の10月にNTTdocomoで大規模通信障害が発生し、約30時間にわたり1000万回線以上に影響しました。

しかし完全に繋がらなかったのは2時間程度だったと判断して、補償の対象にしていません。

 

補償額は日割り計算?

24時間連続で使えなかった日の日数分だけの日割り計算にされた場合。

月に6000円だとしても1日200円になりますから、2日で400円、3日で600円ということになります。

こんなに困った人が多いなかで、400円というのを聞くとがっかりしますね。

格安スマホの契約の場合は日割りがもっと安くなるため、補償もかなり安くなる可能性が高いです。

 

お詫び金を追加

お詫び金は追加でいくらつくでしょうか?

100円程度ではないかと言われています。

 

支払い方法は?

auのポイントやauPAYなどで戻るケースもあるかもしれません。

とりあえずは振り込み手数料がかからない方法をとるはずなので、支払い額から差し引くと思われます。

実際には困った人と困っていない人がいるので、一律なのか、請求した人のみになるのかも今後判断されますね。

 

補償はいつ?

現時点で補償内容をどうするか決まっていません。

支払額と支払い方法を検討し、その後で時期が決まると思いますので、すぐというわけにはいかないと思います。

各種手続き当もあるので最低2-3ヶ月よりは後になるのではないかと想像します。

 

法人とは個別契約?

ヤマト運輸、銀行、銀行、郵便曲、気象庁、トヨタ、楽天のバイル、JR、出前産業などさまざまな企業に損害を与えています。

各企業とは損害額に応じて個別対応をすると思われます。

 

KDDIの補償額は?

全国で3915万回線なので1人400円だとしても、157億円を超えます。

さらに企業への補償も追加になると200億円に達する可能性があります。

すぐに取り戻せる金額だとはおもいますが、莫大ですね。

 

まとめ

 

au通信障害の補償あるのないの?補償はいくらで返金時期や支払い方法はどうなる?と題してお届けしてきました。

au通信障害の補償あるのないの?どっち?とは言ってられないほど長時間にわたる通信障害となりました。

顧客離れを防ぐためにも社運をかけて補償はすると思います。

補償はどうするのか?いくらなのかですが、日割りでも1日200円程度で、お詫び金を付けても、過去と同様で最大で700円程度ではないかと想像します。

支払い方法は請求額を減らす、もしくはポイント還元が考えられ、時期が決定されてから2-3ヶ月後になると予想しています。

迷惑かけた分や心の負担などの分は補償してほしいですね。