スポーツ

朝倉未来とメイウェザーのファイトマネーはいくら?過去のファイトマネー最高額を紹介

朝倉未来 メイウェザー ファイトマネー ファイトマネー最高額
Pocket

朝倉未来とメイウェザーの試合のファイトマネーはいくらなのでしょうか?

メイウェザーは那須川天心との試合の時も、凄い高額のファイトマネーを稼いだといわれています。

これまでの最高額や年収も知りたいですね。

一方の朝倉未来の今回のファイトマネーやこれまでの最高額はいくらなのでしょう。

朝倉未来とメイウェザーのファイトマネーはいくら?これまでの最高額と年収も紹介

実業家としても活躍しているので、相当稼いでいて年収もすごそうです。

朝倉未来とメイウェザーのファイトマネーはいくら?過去のファイトマネー最高額を紹介と題してお届けします。

 

朝倉未来とメイウェザーのファイトマネーはいくら?

朝倉未来とメイウェザーのファイトマネーは高額になりそうですね。

PPVで世界中の多くの人が観戦できるようになり、さらに破格に期待です。

 

メイウェザーのファイトマネーは?

メイウェザーが那須川天心との試合のファイトマネーは11億円でした。

メイウェザーありきの試合なので、当たり前でしょうか。

あの試合は1Rの139秒でTKO勝ちとなったので、1秒あたり800万年に相当します。

今回も那須川天心と同じように、日本では人気の、朝倉未来との試合です。

那須川天心と比較すると朝倉未来の方が体が大きく、階級が上になります。

今回はさらにPPVでの観戦もできるので、売上金も相当であり、ファイトマネーがかなり高くなると言われていて、20億円になるのではないかという話もあります。

メイウェザーは常に周りに多くの人が付いてきていて、大名行列状態だそうです。

その人達の費用も含まれているのでしょう。

 

朝倉未来のファイトマネー

朝倉未来の、通常のRIZINのファイトマネーは、契約上口外しないように決められているので、教える事ができないが、地方の家を買えるくらいだそうです。

日本人ではランキングは1位です。

パンツについているスポンサー料も同額くらいなので、東京で家が買える程度とのことです。

地方の家はどの辺の地方かにもよりますが、ファイトマネーで3000万、スポンサーで3000万円くらいではないかと想像します。

6000万では東京で家は買えないでしょうか?

いつもはこのくらいかもしれませんが、今回のメイウェザー戦はいつもの試合とは違うので、破格のファイトマネーをもらえる可能性があります。

 

ボクシングとのファイトマネーとの比較

競技は違いますが、井上尚弥とドネアの試合では、井上尚弥、ドネアともファイトマネーは2.1億円と言われています。

村田諒太とゴロフキンの試合では、村田諒太のファイトマネーは5億円、ゴロフキンは15億円と言われています。

ボクシングの場合は階級が上がるとファイトマネーも上がります。

メイウェザーは引退する前はボクシングの選手だったので、ファイトマネーは世界一でした。

ボクシングと違って格闘技のファイトマネーは微々たるものという話もあります。

今回の朝倉未来とメイウェザーの試合は、エキシビションマッチですから、朝倉未来のファイトマネーとスポンサー料を合わせて多くて1億円くらいではないかと想像します。

それにしてはメイウェザーの20億円は、すでに引退している身でもあり、もらいすぎの感じがしてきますが、元世界王者の栄光はずっと続きます。

 

朝倉未来とメイウェザー過去のファイトマネー最高額を紹介

 

この投稿をInstagramで見る

 

メイウェザー(@mayweathermw)がシェアした投稿

朝倉未来とメイウェザーはこれまでいくら稼いできたのか?これまでの試合での最高額はいくらなのか?

どんな生活をしているのかも気になりますので紹介します。

 

メイウェザーは金の亡者

メイウェザーといえば以前より金の亡者と言われていて、今回の試合もお金をもらえるのなら8R、9Rでもいいと話しています。

インスタでもお金の上に寝ていたり、お金と共に写っていることが多く、お金への執着がすごいです。

お金のために戦っていることが全面に出ていて、引退後もエキシビションマッチで稼いでいます。

 

メイウェザーファイトマネー最高額

メイウェザーはボクシングの選手として2017年に引退するまでの、ファイトマネーの最高額を紹介します。

最高額は、バッキャオと試合をした時のファイトマネーが144億円です。

その時のPPVの売上高がすごかったため、その歩合分も収入となるため、最終的には288億円だったとも言われています。

1度の試合で288億円ものファイトマネーを稼ぐとは、想像もできない事態です。

 

メイウェザーの過去のファイトマネーランキング

メイウェザーは過去にフォーブスが発表した過去10年のスポーツ長者番付では1位となっています。

ボクシングで約1兆円を稼ぎ出しています。

誰との試合でいくらくらいのファイトマネーだったのか、ランキングで紹介します。

1位:2015年 バッキャオ 144億円

2位:2017年 コナー・マクレガー 110億円

3位:2013年 サウル・アルパレス 41億円

4位:2013年 ロバート・ゲレーロ 38億円

5位:2011年 ビクター・オルティス 30億円

 

ボクシングを引退後のエキシビションマッチのランキング

1位:ローガン・ボール 80億円

2位:ドン・ムーア 50億円

3位:那須川天心 11億円

エキシビションマッチとしては4戦目になる、朝倉未来とメイウェザーの試合は3位に入ると思います。

 

メイウェザーはお金がない

 

この投稿をInstagramで見る

 

メイウェザー(@mayweathermw)がシェアした投稿

メイウェザーは引退後、エキシビションマッチをするのはお金がないからだと言われています。

ボクシング選手時代は、スポーツ界では、サッカー選手や野球選手を軽々抜き去り、長者番付の1位を獲得しています。

たった1試合で数十億円や数百億円が入るのですから、使う金額も正気の沙汰ではないです。

豪邸が何軒もあり、プライベートジェットも何台もあり、数え切れないほどの高級車を所有しています。

時計1個の最高額は20億円、車1台の最高額は約6億円を所有しています。

何人もの女性を囲った暮らしをしてきました。

一度経験した生活の質は落とせないですし、贅沢癖は抜けませんよね。

だから今は、以前と比べるとお金がないのでお金が必要なのです。

そのために、今も鍛えてエキシビションマッチに出ていて、金の亡者となりどんどん稼いでいます。

 

朝倉未来のファイトマネー最高額

これまでRIZINの試合では、日本人としてはトップのファイトマネーをもらっていました。

1試合あたり3000万円くらいが最高額だったのではないいかと思います。

それほど大きな試合や、話題となるような有名な人との試合はありませんでした。

メイウェザーの試合となれば、那須川天心との試合が強烈に浮かび、日本人としてあの悔しさを取り返して欲しいと思っている人も多いです。

PPVでもたくさんの人が観戦すると思います。

2022年7月に行われた、那須川天心と武尊の試合では、PPVが50万件売れ、値段が5500円だったため25億円の売り上げがあったそうです。

その他スポンサー収入やグッズ収入により、総収入は50億円となりました。

PPVによる格闘技の新時代を迎えたと話題になりました。

その時の那須川天心と武尊のファイトマネーは5億円に跳ね上がったと言われています。

今回の朝倉未来とメイウェザーの試合でもPPVがかなり売れると思いますから、朝倉未来のファイトマネーも1億以上は確定で、数億円いくかもしれませんね。

今回のファイトマネーが最高額になるのは間違いありません。

 

まとめ

 

朝倉未来とメイウェザーのファイトマネーはいくら?過去のファイトマネー最高額を紹介と題してお届けしました。

メイウェザーのファイトマネーがいくらかというと、20億円ほどではないかといわれています。

相手は朝倉未来で、話題性も抜群であり、リングサイドの座席は最高額、PPVでの観戦も取り入れている事から、ファイトマネーは破格になると予想されています。

朝倉未来のファイトマネーも過去最高額になることは間違いないです。

メイウェザーの過去のボクシングでのファイトマネーの最高額は想像を絶する金額でした。

稼いだ分使い続けるメイウェザーはお金がなく、金の亡者となっています。

どんな結果になるか楽しみですね。